株の投資は簡単です。上がったら売り、下がったら買いです

株の投資は簡単です。

タイトルに示しましたが上がったら売り、下がったら買うべきです。

しかし、急に上がる株を知りたい方も多いと思います。そういう株に手を出すと大やけどをします。仕手株は私も経験がありますが、株価がジェットコースターのようで、分析するのは困難です。外国人投資家のおもちゃのような株もあるため、注意が必要です。しかも、1回仕手株の対象になった株はその後、あまり上がる傾向になり、結局は高値でつかまされ、そのまま塩漬け状態になることが多いです。そうした場合、どうあるべきかといえば早々にその株に執着せずに撤退することが大切です。

株で重要なのはこの撤退戦でいかにうまく撤退するかを日々考えることです。これは損切りと言いますが、明らかに損した場合、やや上昇したときに綺麗に撤退するチャンスを失わないことです。

続いてはどうすれば儲かるかと言えば、株は一定数よほどのことがない限り、あがったりさがったりします。チャートを細かく見極め、今は下がっている傾向だなと思えば、同業他社の株も見極めながら考え、購入に踏み切ることが肝要です。そしてしばらくすれば必ずビックウェーブが来ますのでその時に売りを行なうべきです。

これを繰り返せば必ず株は儲かります。まさに百戦百勝の方式です。

ところがわかっていながら何故それができないかといえば人間というか個人の期待値が高すぎるからです。その会社というか株に惚れ込むことは投資家としてあってはならないことです。株に惚れ込むとまだまだ上がるという心理状態になり、手放す時機を逸してしまうのです。これが株による投資の失敗のあり方です。

意外と書いていて思いましたがこれは太平洋戦争の失敗に共通しているのかも知れません。

次に読む記事

株式投資で最重要なのはロスカットを徹底すること