株式投資初心者には株主優待を実施している企業を進める理由

株式投資というと、それをやったことがない人にとっては少し敷居が高いもののように思われるかもしれません。なぜならば、株式投資をしようと思っても株式上場されているる銘柄がとてつもなく多いからです。

株の投資は簡単です。上がったら売り、下がったら買いです

ですから、株式投資を始めたばかりの初心者は、株主優待を行っている銘柄から買いの候補銘柄を選べばいいと思います。なぜならば、株主優待を実施している銘柄というのは、株主優待目当てで株式を保有している個人投資家が多くいるので、そのような個人投資家というものはもし悪材料が出たとしても株主優待をその企業が実施している限りは株式を売却しない人という個人投資家も多くいるので、その分株価が下がりにくいのです。ですから、私は株式投資初心者の方には株主優待を実施している企業から投資先を選ぶという方法を薦めます。

ですから、この投資方法は株価の値上がり益を積極的に得ようという方法ではなく、下がりにくい株式を購入して優待の品をもらい続けることを楽しみながら投資するという投資方法がいいのではいでしょうか。

しかし、株主優待を行っていた銘柄が株主優待をやめた時に一時的に株価は下がることもあるので、もしそのような企業が増配と同時に株主優待を廃止したのならば、株主優待を企業がやめたからという理由で株式をすぐに売却するのではなく、企業業績を見て、株式の売却なのかそれとも保有してもいいのかを考えなければならないので、このあたりは投資初心者の方には少し難しいのかもしれません。